副業ライフ - 副業紹介や最新関連情報を紹介!

副業でQOLを上げるお手伝いをするサイトを作成しています

副業でプログラミングは儲かる?初心者、経験者の両視点から魅力を解説します

 

f:id:fukugyo-sora:20210419105342j:plain

この記事は、エンジニアのkotaroが書いています。

さて、プログラミングは、時給換算で3000円以上になる可能性もある人気の高い副業です。もちろんプログラミングができると話が早いものの、一方でプログラミングが未経験の人でも、努力と工夫があればある程度可能です。

ここでは、副業でプログラミングをしたいと思っている人に向けて、経験者と未経験の両方の視点で、副業でプログラミングする魅力や方法について解説していきます。

 

プログラミングで副業するということ

プログラミングで副業するということ

プログラミングで副業する場合、大きくは受託開発とオリジナルサービス開発の2つがあります。

受託開発する

プログラミングで副業、というと一番イメージしやすいのが受託開発です。クラウドソーシングなどを利用して案件を受注し、開発したものを納品することで報酬を得るスタイルです。後述しますが、クラウドソーシング以外に、知り合いや勤務先からの紹介などでも受注できる可能性があります。

受託開発の魅力と問題点

納期はあるものの開発を行うタイミングは縛られていないため、基本的に自分の好きなタイミングで仕事ができる点が魅力です。また、プログラミングは専門性が高いスキルであることから時給換算では高めになる傾向にあります。

一方で、オリジナルサービスを開発する場合と違って、設計、開発以外にクライアントへのヒアリングや受注するための提案スキルなど、プログラミング以外のスキルも求められます。またプログラミング言語は、多くの場合クライアントが指定するものを使用することになります。

クラウドソーシングでも受注できるため案件は多く、きちんと実績を積んで受注できるようになれば、安定した副業になります。そのため、プログラミングで副業する場合は、まずはこちらを検討するとよいでしょう。

オリジナルサービスを開発する

ある程度プログラミングができる場合、自分で使いたいと思うサービスを作って公開し、そこから収益を上げるという方法もあります。例えば、会員制の有料情報サイトを作成し有料で情報を提供するといったものから、有料ツールを開発して、利用料で収益を上げるといったものもあります。

オリジナルサービス開発の魅力と問題点

自分の思うままに開発することができます。もちろんプログラミング言語も自分の興味で選ぶことができます。また当たれば大きく、可能性はかなり低いものの月100万〜を稼ぐサービスを作ることも可能です。完全に自由に開発ができるため、隙間時間でコツコツと作って1年かけて開発、といったこともできます。

一方で、設計、開発、運用、保守、そしてサービスの運営とやることが多く、さらにサービスを利用してくれるユーザが増えないと収益が増えないため、リスクが高い方法でもあります。1年かけてサービスを作っても収益が0という場合もザラではありません。

なおオリジナルサービス開発については、プログラミング以外にも必要な能力が多く、副業としてみた場合不安定で再現性も低いため、ここではこれ以上詳しく紹介はしないこととします。

 

プログラミングの副業で稼ぐ方法

プログラミングの副業で稼ぐ方法

副業でプログラミングをする場合、稼ぐ方法は大きく3種類あります。順番に見ていきましょう。

クラウドソーシングによる受注

一番メジャーな方法がクラウドソーシングによる受注です。ランサーズやクラウドワークスなどで「開発」などのワードで検索すると、Webサイトやアプリの開発案件が多数でてきます。これらに応募する形になります。 

例えば、「ワードプレスのサイト作成:20〜30万」「HTMLとCSSのコーディング:5万」「React Nativeを使用したアプリ開発:20〜30万」などの案件があります。

これらは公開案件なので、ライバルももちろんいます。そのため、続いて紹介する知り合いや勤務先から受注する場合と比べて、受注率は大きく下がります。提案すれば通る、といった甘い案件はあまりないと思ってください。

知り合いからの受注

Webサイトを作りたい、アプリが作りたいというニーズは多くあるので、周囲にプログラミングの副業を始めたというと、相談してくれる人が出てくる場合もあります。

 個人での発注が多くなるため予算は少なめです。そのため、しっかり予算内でできることできないことを説明してあげる必要があります。また、知り合いは無限にいるわけではないため、再現性の高くない稼ぎ方になります。

しかし、中には中小企業の発注担当の人とつながることで、知り合い経由で直接企業の案件を担当するというパターンもあります。その場合、予算や再現性の問題が解消され、とてもよい案件になることもありえます。

勤務先から受注

関係性が良好な場合、勤務先から受注するというパターンもあります。勤務先でそういった仕事をしていない場合や、額が安すぎてお断りするべき案件を流してくれる場合などもあります。

勤務先ときちんと連携が取れていれば、ある程度安定した収益が見込めるため、副業の際に可能であれば勤務先にも伝えておくとよいでしょう。

なお、クラウドソーシングの場合、予算があらかじめ見える状態での提案となりますが、知り合いや勤務先からの受注の場合、予算のヒアリングから始める必要があります。そのため、自分のスキルをいくらで売るかを明確にしておかないと、かなり安い額で受注してしまうこともありますので注意してください。

 

初心者でもプログラミングを勉強すれば稼げる?

初心者でもプログラミングを勉強すれば稼げる?

ここまで、プログラミングができれば、ある程度安定して稼げるというお話をしてきましたが、プログラム初心者でも稼ぐことはできるのでしょうか?ここでは、プログラミング初心者が注意するべきポイントを3つ紹介します。

努力が必要

当り前ですがプログラミングは簡単に身につくものではありません。特にお金を稼ごうと思う場合、コピペのソースコードだけでは完成しないため、きちんと書いたソースコードを理解する必要があります。そのため、初心者がプログラミングで副業をしようと思う場合、まずプログラミングを身につけるという努力が必要になります。

時間がかかる

プログラミングを学ぶ必要があることから、稼げるようになるまでに時間がかかります。それ以外に、実績0の状態でスタートするため、特にクラウドソーシングで受注できるまでも時間がかかる可能性があります。

場合によっては初期投資もかなりかかる

プログラミングにはPCが必要です。また、スクールに通って勉強する場合、入学金なども必要になります。そのため、場合によってはかなりの初期投資が必要になることも覚えておいてください。



なお、プログラミングを学ぶ場合、独学、スクールなど方法があります。独学の場合コストは少ないものの時間がかかったり、自信を持って副業を始めるタイミングが難しいという問題があります。

一方でスクールの場合、初期コストがかかりますが、ある程度の所まではカリキュラムで引き上げてもらえるため、成長のスピードが早く、卒業したら簡単なプログラミングの副業から開始できる可能性があるため、始めるタイミングも明確です。

 

【評価】プログラミングで副業は儲かる?

初心者と、すでにプログラミングができる人とでは評価が変わりますのでわけて紹介します。

初心者の場合 

f:id:fukugyo-sora:20210118105326p:plain

副業の評価:プログラミング初心者の場合

項目

評価

コメント

拘束時間

4

開発は隙間時間でできるが、納期もあるため、完全に自由というわけではない

時給効率

2

開発力に直結

早く作れるかどうか

初期投資

1

何もない場合初期投資はたくさん

パソコンとネット、プログラミングスキルが必要。

稼げるまでの時間

1

プログラミングから学ばないといけない

スキルアップ

5

プログラミングスキルのアップにつながる案件なども受注可能

特に初心者の場合は、プログラミングの経験を増やすだけでもスキルアップにつながるので、スキルアップのチャンスは多い

初心者の場合、まずはプログラミングを学ぶ必要があるので、初期投資が多くなってしまいます。また、プログラミングができるようになっても、時給効率は開発力と比例するため、時給効率が上がってくるまでに時間がかかるのもネックです。

またクラウドソーシングなどでも開発案件は多くあるものの、受注にはきちんと提案をする必要があるため、ある程度実績ができるまでは辛抱する時期が続きます。

一方で、プログラミングの経験を積むことでどんどん効率は良くなっていきます。またクラウドソーシングで提案が通るような実績ができはじめると、安定した収益に繋げることができます。

プログラミングができる場合

f:id:fukugyo-sora:20210118105205p:plain

副業の評価:プログラミング経験者の場合

項目

評価

コメント

拘束時間

4

開発は隙間時間でできるが、納期もあるため、完全に自由というわけではない

時給効率

4

開発力に直結

早く作れるかどうか

初期投資

5

パソコンとネット、プログラミングスキルが必要だが、多くの場合すでに揃っているはずなのでほぼ不要

稼げるまでの時間

4

プログラミングができるので、すぐにでも

ただし受注には工夫が必要

スキルアップ

4

プログラミングスキルのアップにつながる案件なども受注可能

 すでにプログラミングができる人の場合、初期投資はほぼ不要で、クラウドソーシングで自分のスキルにマッチした案件を探すだけで副業を開始できます。開発力があれば時給効率はどんどん上がるため、スキルアップのモチベーションも維持しながら稼ぐことができます。

一方で、クラウドソーシングでの受注には相応の実績が求められます。そのため、普段仕事で毎日開発しているから余裕、と思っても仕事がない場合もあります。副業で安定して稼いでいくためには、クラウドソーシングでの実績も積む必要があるので、その点は注意しましょう。