副業ライフ - 副業紹介や最新関連情報を紹介!

副業でQOLを上げるお手伝いをするサイトを作成しています

転売を副業にするには?商品の仕入れ方や成功のポイントを紹介

f:id:fukugyo-sora:20220119102200j:plain

「転売」は、手元にある不用品を売ることで稼ぐことができる副業です。

最近では、フリマアプリやオークションサイトなども広く認知されるようなりましたよね。こうしたサービスを活用すれば気軽に取引できる点も、転売ビジネスが人気を集めている理由の一つです。

転売は収入を得る目的以外に、「断捨離したいけど捨てるのはもったいない」「転勤で手放さなくてはいけないものがある」という悩みを抱えている方にもおすすめです。

しかし、転売という言葉にネガティブなイメージを抱いている方も少なくありません。転売ビジネスとは違法なものなのでしょうか?

この記事では転売における商品の仕入れ方、転売ビジネスを成功させるポイントについて解説していきます。転売をする際に押さえておきたい法律も紹介するので、転売ビジネスに興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

「転売」の副業は違法なのか?

転売に悪いイメージを抱く方も少なくありません。しかし転売自体が違法というわけではないのでご安心くださいね。法律やフリマアプリのルールに則って転売するぶんには問題ありません。

転売が問題視されることの背景には、新商品・限定商品の高額転売などの悪質行為をする「転売ヤー」の存在があります。コンサートチケットや人気ゲーム機が超高額で転売されているのをみて、悔しい思いをしたことのある方も多いのではないでしょうか。

近年、チケットの悪質転売を取り締まる「チケット不正転売禁止法」も制定されました。こうした法律に違反すると、最悪の場合逮捕されることもあります。

<転売で注意すべき法律>

転売に興味がある方は、事前に上記法律やフリマアプリの利用規約を必ず熟読するようにしてくださいね。

転売は副業初心者におすすめの仕事

f:id:fukugyo-sora:20220119102204j:plain

転売は「何か副業がしたいな」と考えている方におすすめの仕事です。その一番の理由は、手軽にスタートできるという点にあります。

<副業転売のメリット>

  • 特別なスキルがなくてもできる
  • 初期費用が安い
  • 大手フリマアプリ(転売サイト)がある

不用品を売るだけであれば、仕入れなどに関する知識は必要ありません。「もう着ないけど捨てるのはもったいない服」「昔流行ったフィギュア」など、手元に不用品があれば、あとはメルカリなどに出品するだけです。

不用品転売では、販売価格はあまり高くならないかもしれません。しかし、低コストで転売ビジネスの第一歩を踏み出せるというのは非常に魅力的ですよね。

まず不用品で転売の練習をしてみて、転売を仕事にできそうだなと思ったら本格的に仕入れに関する知識を身に付けていく。このように、段階を踏んでスキルアップしていくことも可能です。

近年はメルカリやヤフオクなど、転売しやすい環境も整っています。特に大手企業が運営しているサイトは、アフターフォローやセキュリティ管理がしっかりしている点も魅力です。

自分で転売サイトを立ち上げて管理をする場合は、かなり手間がかかります。個人情報の取り扱いなど、セキュリティ面も心配ですよね。そういった部分をサイト運営会社に任せておけるのは大きなメリットといえるでしょう。

転売する商品を仕入れる方法

本格的に転売を仕事にする場合は、商品を仕入れる必要があります。ここでは商品の仕入れ方についてご紹介しますね。

商品の仕入れ方には以下のような方法があります。

  • 国内外のネットショップ
  • 国内の実店舗
  • オークションサイト

国内外のネットショップ

仕入れ先の主力となるのがネットショップです。楽天やAmazonのほか、メルカリやヤフオクなども仕入れに使うことができます。商品がセールのタイミングを狙えば、通常より安く仕入れることも可能です。

注意点は、必ず新品を仕入れること。

古物営業法で、非対面で買い受け等を行う場合は本人確認が必要だと定められています。これはオークションサイトやフリマアプリも対象であり、なりすまし防止のために相手方の身分確認が必要とされています。ネット仕入れの場合はどうしても本人確認が難しいので、中古品を仕入れることは避けた方がよいでしょう。

国内の実店舗

仕入れ先は実店舗の場合は、中古品はリサイクルショップ、新品はディスカウントショップがメインになると思います。

実店舗では、自分の目で商品を確認できるというメリットがあります。特に中古品は状態によって金額が大きく変わるので、細部まで状態確認をしておきましょう。

実店舗での仕入れでは、移動費・移動時間がかかる点に注意が必要です。安く仕入れるはずが、仕入れのための経費が膨らんでしまっては元も子もありません。

また中古品の転売ビジネスでは、原則として古物商許可が必要です。転売を副業とする場合は、古物商許可が必要な業態なのかを事前に確認しておきましょう。

ちなみに、「自分の持っている不用品を転売する」「購入したけど使わなかったものをフリマアプリに出品する」といった行為は違法ではないのでご安心くださいね。

転売の副業を成功させるコツ

f:id:fukugyo-sora:20220119102157j:plain

副業転売では、いくつかのポイントを押さえておくことで利益率をアップさせることができます。本格的に転売ビジネスを考えている方は、是非参考にしてください。

商品リサーチを入念にする

転売ビジネスの課題は「いかに在庫を残さないようにするか」という点です。商品を安価で大量に仕入れられたとしても、買い手がつかなければ赤字になってしまいます。

漠然と「売れる気がするから」という勘だけを頼りに商品を選んではいけません。実際に売れている商品や、売れている出品者の傾向などもしっかりリサーチしたうえで、仕入れる商品を選ぶようにしましょう。

大量に在庫を抱えてしまうと、赤字になるだけでなく、保管するスペースの確保もとても大変です……。

利益率の高い商品を選ぶ

転売ビジネスでは、仕入れ時に費用が発生します。そのため、仕入れ価格と販売価格を比較して利益率の高い商品を扱うと、効率よく利益を発生させることができます。

仕入れ先がネットショップなどの場合は送料なども考慮して、どの程度の利益が生まれるのかを計算しておきましょう。また、ポイント還元がある仕入れ先の場合は、ポイントも仕入れ価格に加味する必要があります。

クレジットカードを使って仕入れる

仕入れの支払いにクレジットカードを使うことで、手元に現金を残したまま転売を始めることができます。またクレジットカードはポイント還元や特典がつくことが多いので、現金で支払うよりもメリットがあります。

まとまった数を仕入れる場合は初期費用が大きくなるので、少ない資金で転売をスタートしたい場合にクレジットカードは有効です。すぐに商品の買い手が見つかれば、クレジットカードの引き落としまでに収入を得ることができます。

しかし、転売ビジネスは出品すれば必ず売れるというものではありません。赤字になる可能性も考慮し、支払い能力を超えたクレジットカードの利用は避けましょう。

【評価】転売で副業は儲かる?

拘束時間

3

不用品をフリマアプリなどに出品するだけであれば短時間で済むが、商品の発送準備などで多少の手間がかかる。本格的に転売ビジネスをする場合は、リサーチ・仕入れにまとまった時間の確保が必要。

時給効率

3

利益率の高い商品を扱えば時給効率が高くなる可能性がある。ただし、出品すれば必ずしも売れるとは限らない。

初期投資

3

不用品転売であれば、ほとんど初期費用はかからない。仕入れを行なう際は、ある程度まとまった資金を確保しておくべき。

稼げるまでの時間

3

利益率の高い商品を継続的に販売しない限り、大きく稼ぐのは難しい。

スキルアップ

4

市場のリサーチや、利益を出すための戦略立て、関連法令に関する知識を身に付けることができる。

転売の副業は、経験やスキルに関係なく気軽にスタートできるという魅力があります。

不用品の転売だけで大きな利益を出すことは難しいですが、「とりあえず何か副業をしたい」「不用品を有効活用したい」と考えている方にはおすすめできる副業です。

もし本格的に転売ビジネスをする場合は、市場のリサーチや仕入れ先の選定などをしっかり行ない、赤字にならないよう工夫する必要があります。

いずれの場合も関連法令をしっかり把握し、「違法な転売ヤー」とならないよう注意してくださいね。